府中市税理士の先生にサラリーマンが質問したいこと

私は今現在、サラリーマンとして働いています。サラリーマンになってから今まで、税金についても保険についても、全て会社任せで自分ではほぼ何も考えずにきましたし、確定申告の時期になっても特に何かを気にすることもなく過ごしてきました。
サラリーマンの所得は、ほぼ確実に把握されているために、なかなか節税の余地がないと思います。しかし税制の中には様々な控除があるので、府中市税理士の先生に、サラリーマンが活用できる控除の制度について質問したいと思います。
その中でも家族が病院に通院する場合もあるために、医療費控除ではどのような費用が対象になるのかを、府中市税理士の先生にぜひお尋ねしたいと思います
。現在、念のため、通院した際の領収書類はすべて保管してある状態です、処方薬の領収書にかんしましてもすべて保管しています、どういったものが控除対象になるのかが全く分からない為、市販の薬を購入した際の領収書なども保管しています。
そもそもサラリーマンでありながら節税対策なんてできるのかもわからないため、それらの領収書が必要かどうかもわかっていません。だしてよいのかすらわかっていないのです。そこで税理士の先生に必要性があるのかどうか、また具体的にどういったものが対象になるのか詳しく教えていただけるとありがたいです。またそれ以外にも、サラリーマン家庭にメリットのある控除制度についても、お尋ねしたいと思います。
社会にでていながら、恥ずかしながら税金等についての知識がほとんどありません、家庭をもち仕事をしていく上で、きちんと税金について学ばせて頂きたいと思っています、サラリーマンでいるうちは会社が全てやってくれることではありますが、どんな仕組みになっているのかは自分でもしっかり把握していたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

更新 9月8日
ネットショップ 在庫管理 合宿免許 比較はとびきり合宿免許へ 851 6/4

Copyright ©All rights reserved.府中市の税理士会計士情報 .